<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
奥出雲に行ってきました。その2
今日は久々の雨が降っていますね。
気温もひんやりしていますが、最近雨が降っていなかったので恵みの雨だなぁと感じます。
先週訪れた奥出雲も2日間を通してほとんど雨でしたが、その分緑が繁々としていて雨もいいもんだなぁと思ったことを思い出しました。

さて、今回も奥出雲での研修についてお届けしたいと思います。

2日目はいよいよ種まきの本番です。
前日に準備した穴に種を置き、そして土のお布団をかぶせていきます。
また、この日は地元のデザイン学校のみなさん約15名も参加してくださり、とても作業がはかどりました!

まず、最初に一晩水に浸けておいた種に灰をまぶします。

e0286724_14182621.jpg


種を水に浸けるのは、眠っていた種を起こして発芽しやすくするため。
そして灰をまぶすのは殺菌のためだそうです。これで虫が寄ってこなかったりします。

そして土に種をまいていきます。
一つの穴に3つ。万が一発芽したかったときのことを考えて、3つ入れるのだそうです。

e0286724_14213528.jpg


種は少し土に押し込むように入れて、そして種の2倍の厚さくらいの土を被せます。

e0286724_14245195.jpg


あまり土の奥に入れても発芽しないし、土の表面ぎりぎりだと鳥に食べられてしまうそう。
この加減によって芽が出てくるかこないか決まるので、難しいです・・・。

e0286724_14264764.jpg


種の蒔き方を教わり、みなさんもくもくと作業に没頭しています。
植物も話しかけるといい、と聞いたので私も「大きくなってねー」「きみたちは大きくなったらタオルになるんだよ」なんて話しかけながら作業を続けました。
(逆にプレッシャー?)

作業中、雨が強くなることもありましたが何とかこの日の目標エリアの種まきが完了しました。
皆様大変お疲れ様でした!
しっかり芽が出て成長してくれますように・・・そうお祈りしながら畑を後にしました。

その後お腹がペコペコになった私たちを、出雲大社近くのうどん屋さんに連れて行っていただきました。

e0286724_14335426.jpg


お蕎麦にも見えるけれど、食べると不思議、もっちもちのおうどんでした。
「宝庫うどん」というメニューで、ホウコという植物が入ったおうどん、大変美味しくいただきました!
そしてお腹が空いていたのでもう1杯温かいおうどんもいただきました。(お腹が空きすぎていたのか、写真を撮り忘れました。)

その後も出雲の名所である稲佐の浜と出雲大社へも連れて行っていただきました。

e0286724_14424560.jpg


e0286724_1443117.jpg


e0286724_1443384.jpg


雨に濡れた出雲大社もとても趣があって綺麗でした。

普段お店にいると中々知ることのできないコットン畑のこと。
毎年栽培方法に改善を加えて、より良いものを作ろうとしてくださっている情熱と誇りを持った方々にお会い出来てとても嬉しく、身が引き締まる思いでした。
皆様、大変お世話になりありがとうございました。

そして、奥出雲から約1週間、私のベランダ畑(?)にもコットンの種をまきました♪

e0286724_14514068.jpg


去年は台風で飛ばされてしまった私のコットン・・・今年は奥出雲で学んだことを活かし、種を一晩水に浸し灰をまぶしちょうど良い厚さの土を被せたので、今年こそは元気な子が育つことを期待します!

(fumie)
by tenimuhoun | 2016-05-17 14:58 | Comments(0)
奥出雲に行ってきました。その1
長いGWも明けて数日が経ちましたが、みなさまお仕事には慣れたでしょうか?
私はGW明けの5月9日より、奥出雲のオーガニックコットン農園での研修に行ってまいりました。
天衣無縫の奥出雲タオルのオーガニックコットンを育ててくださっている農園です。
5月10日は「コットンの日」ということで、種まきを一緒にさせていただきました♪

奥出雲は島根県仁多郡にある町で、出雲空港から車で1時間ほど。
滞在中の2日間雨が多かったですが、その分緑の山々がとても綺麗でした。
雲が低くまで降りて来ていたりして、とても幻想的な世界を体験できました。

最初に、今回大変お世話になった奥出雲オーガニックコットンプロジェクト事務局長の白山さんのたんぼを見せていただきました。

e0286724_22252313.jpg


こちらでは自然栽培でお米を育てています。除草剤などの農薬を使わないので、周りの雑草もたくさんの種類のものが生えていました。
今回は田植えをする前の時期にお伺いしたので、稲はまだ植わっていませんでしたが、5反もあるたんぼを主にお2人で作業されるということなので、これからが大変な時期なのだそうです。

e0286724_2238474.jpg


蕨やゼンマイなども元気に育っていて、普段東京にいると見れないものばかりで散策するだけでもとても楽しかったです。
しかし楽しいことばかりではなく、夜遅くまで作業をしていると熊に遭遇したり(!)、蛇が出たりすることもあるそう。

その次に、渡辺悦義さんの悦ちゃん農園のたんぼも見せていただきました。

e0286724_22492576.jpg


こちらでは山から下りてくるお水を飲ませていただきましたが、とっても甘くて美味しかったです!
この綺麗なお水で育つので、お米も美味しく育つのだなぁと感じました。

そしてお昼に美味しいお蕎麦をいただき、ついに今回種まきの場所となる畑へ連れて行っていただきました。

e0286724_22593973.jpg


今回で5回目を迎える種まき。連作障害を避けるため、今年は昨年とは違う場所へ種を蒔きます。
ちなみにこちらは日本の有機JAS認証を取っている畑とのこと。

まずはこの黒いビニール(「マルチ」と呼ぶそう)がかかっている場所に種を植えるのですが、種を植える場所に等間隔に穴を空けて種を植える場所を作ります。

e0286724_235321.jpg


そして、穴を空けたところは少し窪んでしまうので周りと同じ高さにするために少し土を盛り、その周りに堤防のように土を高めに盛ります。

e0286724_2373896.jpg


種まきは次の日のため、この日は種まきの準備ということで作業はここまで。
ちょうどこちらの畑に移動してきた時に雨は止んできたのですが、また作業を終えると雨が降ってきました。
このあと水やりをする予定だったのですが、これで水やりは必要なくなりました。
恵みの雨ですね♪

この日はもう夕方になってしまったので、今回お世話になる白山さんご夫妻のお家へお邪魔させていただき、地元の食材を使った美味しいご飯をいただきました。
午前中に採った山菜もいただきましたよ♪

その後は楽しいブルース演奏に、種まきのためにコットンから種を出す作業をしたり・・・そして夜は更けていきました。

e0286724_23162381.jpg


こちらは種を取り出したあとのコットン。
とってもふわふわ!こちらを糸に紡ぎ、絣染めをして織られてタオルになります。

長くなりましたので、次の日の種蒔きの様子はまた後日ご報告いたします!

(fumie)
by tenimuhoun | 2016-05-11 23:25 | Comments(0)



天衣無縫日本橋店スタッフブログ
by tenimuhoun
カテゴリー
天衣無縫各店ブログはこちらから↓
天衣無縫横浜店

天衣無縫二子玉川店

天衣無縫ソーシャル

天衣無縫本社

天衣無縫社長


オンラインストアフェイスブック


ソーシャル事業部フェイスブック


→ 天衣無縫web-shop

→ 天衣無縫ホーム

→natsuno hiraiwa

→hiromi nakashima

→Control Union



グリーンサファリPR
WWFの参加型自然保護プログラムに参加しています。


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧